top of page
検索
  • 執筆者の写真Yuko Matsuki

【開催報告】3/11森の素材で実験会

更新日:2023年3月22日

3/11(土)は「森の素材で実験会」を開催しました✨


場所は、町田市の大地沢青少年センター。JR横浜線相原駅から貸し切りバスで15分ほどいくと、一気に森の中に到着します。今回は自然体験を初めてみたいという2組の方にご参加いただきました♪最初にご挨拶をして、参加者の方も含めて自己紹介をしてからスタートしました。


今回の企画は、「森の素材で実験会」。紫キャベツで作ったBTB溶液で、森の中のものの酸性とアルカリ性を調べます。さらにろ過装置作りも。午前中はそこに使うためのものをまずは拾いにいきます。すっぱそうな酸性のもの、にがそうなアルカリ性のもの、ろ過に使えそうなもの、燃えやすそうなもの、そしてとにかく気になるもの!そんなものを探しにいざ探検へ出発✨


最初はメインの場所の炊事場で落ち葉を拾ったり、草を見つけたりしているうちに、青い実を発見してテンションアップ✨

(リュウノヒゲの青い実。ずっと握りしめるほどの宝ものに)


そこから山の方へ捜索範囲を広げていきます。ぶよぶよの植物、もろく朽ちかけた倒木、カマキリの巣のようなキノコがあったりと、次々に発見があります。


いっぱい見つけて帰ろうと思ったら、蛙の卵がいっぱいある池がありました。大量の卵にびっくりしていたら、カエルがぴょこんと動きました。見事に捕獲成功し、肌触りを楽しみます。



そうこうしていると、また赤い実が大量にあり、探検が加速します。実が生えている木の方に降りて行き、川の探検も始まりました。先程の赤い実が枝ごと大量にありました。冷たくて、きれいな水の中にカニがいないか探してみたり。そんなことをしていたら、あっという間にお腹はペコペコ。




戻ってカートンドック作りです。まずは火起こしから。人生、はじめての薪割り挑戦する子もいました。そして、パンにソーセージとレタスを挟んでアルミホイルを巻いて牛乳パックに詰めてカートンドッグ作りを進めます。


先ほどの牛乳パックに点火してしばらく放置すると、いい焦げ目のホットドッグの出来上がり!

最高においしい!しかも、焼きバナナやマシュマロ差し入れいただいて、焼き加減を工夫しながら食べるのが楽しいくておいしい✨


お昼ご飯を食べながら、紫キャベツの茹で汁も作っていきます。お湯の中にキャベツを入れるとすぐには変化がありませんでしたが、次第に色づいていき、あっという間に濃い青のゆで汁が出来上がりました。


お腹も満たされたところで、いよいよ実験開始。まずは色が変わることを確かめるために、茹で汁にお酢を入れいれます。「何色になるんだろう? 緑色じゃない?赤かも」などと予想します。実際に入れてみます。お酢を少し入れると紫色、さらに入れると鮮やかなピンク色になり、みんな感動。今度はアルカリ性の重曹を入れます。すると、エメラルドグリーンのような緑色に。その緑色にまたお酢を入れたいと子供が言い入れてみると、また紺色に戻ってまた感動!



色の変化を確かめたところで、先ほど拾った物たちをどんどん入れて行きます。草や土を入れると、なんとなく緑っぽくなりがちでした。

先程の赤い実をすり鉢で、つぶして入れてみると、灰色っぽい緑に。前回のこんにゃく作りの時に、灰はアルカリ性と学んだので、燃やした灰を入れてみると、明らかに白っぽい緑になりました!森の中にはなんだかアルカリ性のものが多い感じです。


酸性のピンクのものがないだろうかと探します。先ほどカタバミを見つけて食べてすっぱいことは確かめたのえですが、自分たちで食べてつくしてしまっていました(笑)。再度カタバミを探しますが、意外と見つからない。おやつ用意していたりんごジュースを少し入れてみると一気にピンクになりました。やっぱりりんごジュースは酸性だったんですね。


そんな傍ら、もう一つの実験の辺ろ過装置にもトライ。砂利、石、カット綿、ガーゼなどを駆使してろ過装置をつくります。下に行くほど細くすればいいはずと試行錯誤。ドロドロの水を入れてみたら、下からはかなり透明になった水が出てきました。まさかこんなに綺麗になるなんてと歓声が上がります✨


そしておやつのポップコーン作り。油を入れて塩を入れてポップコーンの実を入れてガンガン火にかけると、しばらくしたらポンポンと弾き出します。その音が激しくなってきて、完成!鍋いっぱいのポップコーンができました。


そうこうしていたら、あっという間に15時。子供たちが山に登りたいと熱望するので、みんなで頂上を目指してがんばりました。2歳の子もがんばって歩きます。かなり急な斜面を登り続け、到着した山上は最高に気持ちよくて、みんないい笑顔✨


今回は合間にお絵かきもしていたので、最後は憧れの遊具で遊びました。その傍でスタッフ女性陣とママ達でコーヒーを飲みながらおしゃべりタイム。子育てについて語り合った時間は何とも印象的な時間でした。


幅広い年齢の子供たちが集えた一日。今回も、カエルの卵や、赤い実や、山登りなど、余白から生まれた予期せぬ遊びや発見がありました。とてもリラックスした雰囲気で気持ちの良い1日を過ごすことができたのも、ホスピタリティあふれるゲストの皆さんのお陰でした✨ありがとうございました❣


閲覧数:40回0件のコメント

Comments


bottom of page