top of page
検索
  • 執筆者の写真Yuko Matsuki

【参加受付】10/15 森をとことん探検しよう ~南山でFeel度Walk~

更新日:4月10日

今回は、きのこのこのこキャンプ2周年を記念した感謝祭です✨

きのこのこのこキャンプが生まれる大きなきっかけとなった方でもあり、チームみんなの恩師でもある市川力さんをお招きしての特別な一日となります✨

場所も私たちが大好きな里山、稲城の南山にある篭谷戸の森で行います♪


▼お申込みはこちらから



今回のテーマは「森をとことん探検しよう」。

イベント開催場所の南山をとことん探検します!稲城駅から徒歩5分ほど住宅街を歩くと突然現れる南山。奇跡のように駅近のこの山を、あちこち歩き、遊びながら、なんとなく気になったものを面白がって集めていく。普段のきのこのこのこキャンプでも、この要素を多分に取り入れています。

あてもなく、なんとなく歩きながら気になったものを写真にとる。

写真にとったものを、丁寧に描きこむ。

自分の発見が、誰かの発見と連鎖して、森の輪郭が立体的に浮かびあがり、すごいものが生まれていく。

そんな時間が、とんでもなく面白いのです!

私も4年前に市川さんことリキさんと歩いて、こんな世界があったのだと驚愕して、私も活動をしてみたいと思い始めたのでした。何をやるのかなかなか言葉ではイメージがつきにくいかもしれませんが、いつものように思いっきり遊ぶ一日ですので、気負わずふらりとお越しください✨きのこ2周年を記念した特別Day、ものすごくおススメです✨

お昼過ぎには、温かい汁物をご用意したり、おやつやコーヒータイムも、ご用意したいと思っています♪みんなと同じ事をしない時間を過ごすのもOKです♪ぜひ一緒に遊びましょう✨



スペシャルゲスト プロフィール


市川力(いちかわ ちから)さん

一般社団法人みつかる+わかる代表理事

慶応義塾大学SFC研究所上席所員

広域通信制明蓬館高等学校副理事長

長年、大人と子どもが一緒になって見えないなりゆきを追いかける学びを研究・実践。多様な人たちが持ち前の好奇心を発揮してともに成長する場を生むまちのジェネレーターとして活躍。なんとなく気になったことを集めて歩き、旅し、妄想し続ける「雑」のアーカイバー。知図師。

主な著書は『探究する力』2009年

井庭崇編『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』2019年

井庭崇との共著『ジェネレーター 学びと活動の生成』2022年

2023年12月15日岩波ジュニアスタートブックスから『知図を描こう! あるいてあつめておもしろがる』発売予定


**************************


◆日時 10月15日(日)10:00~15:30

◆集合場所◆

京王線稲城駅 ロータリー 10時集合

◆対象年齢

何歳でも楽しんでいただける内容です。

幼児、小学生、中学生、高校生や大学生、大人も何歳までも。

今回は特別に大人のみのご参加も受け付けしております。

◆体験料金

大人:2000円

3歳以上:1000円

0~2歳:300円

(里山使用料・汁物・おやつ代等含む)

◆服装◆

長袖・長ズボン・汚れてもいい運動靴

(虫よけのために長袖長ズボンをお勧めします)

◆タイムスケジュール

10:00 稲城駅集合 開始のご挨拶

    ここから探検が始まります!住宅街を抜け、森に入っていき、森の中をFeel度Walk。

12:00頃 昼食

12:30頃~発見したものをかく「知図」タイム

     描き終わったらまた探検をしたり、遊んだり。

14:00頃 おやつタイム(焼き芋の予定)

14:30頃 発表タイム

15:30 解散 遊びたい人はそのまま残ってもOK。

◆持ち物

持ち物を背負ったまま歩くことになりますので、身軽にお越しいただくことをおすすめします。お椀やレジャーシートはこちらでもご用意があるので、重くなりそうでしたら、無理なくで大丈夫です。

・昼食 ・飲み物 ・お椀、コップ(割れないもの・人数分) 

・レジャーシート(小さくて軽いものがあれば) ・焼きたい食べ物があれば

※途中に砂利道が続くことと、探検が中心になるため、ベビーカーの持ち込みは難しいです.

※トイレはバイオトイレのみとなります。

※水道がないため、手洗い用の水やウェットティッシュ等は各自でお持ちください。



◆今回は雨天決行です。雨具を着用いただき、森の中を散策し、知図をかけるスペースを確保する予定です。雨だから見える世界もあります✨雨天時は、焚火ができないため、汁物のご提供が出来なくなりますことをご了承ください。おやつは火を使わずにできるものに代替させていただきます。


◆Feel度Walkとは

なんとなく気になるモノ・コト・ヒトと出「遇​」いながらあてもなく歩くこと。そうすると場を観察したり、場から感じとったりする「感度=Feel度」が高まるので、「フィールドウォーク」と呼ばれています。今まで見逃していたことが見えたり、聞き逃していたことが聴こえたりする。五感を総動員して発見・観察し、自分を開き、外の世界と一体となって直観するようになっていきます。


*******************

◆『きのこのこのこキャンプ』について◆

子ども達が自由にのびのび遊べる自然の中の遊び場作りをしたいという有志のメンバーで運営しているチームです。スタッフには家族を連れて参加するメンバーもいます。

ここには先生はいません♪大人も子どもも、参加者も運営者も関係なく、みんなで力を合わせて、それぞれが主人公になれるような一日になれることを目指しています。その時々に出会ったメンバーで、その場でしか作り上げられない時間や遊びが生まれるよう、『面白がる』『まじりあう』『余白を持つ』ということを大切にしています。

子どもたちは、ちょっとしたことを面白がる気持ちをきっかけに、好奇心がぐんぐん育ちます。その好奇心から雪だるま式に学びが生まれます。 失敗しても大丈夫です。大人も子どももいっぱい失敗して、試行錯誤できるゆとりある1日を過ごしましょう^^

ちょっと恥ずかしがりの子も、わんぱくっ子も、気軽に遊びに来てくださいね♪

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page